茶の力

今年の夏野菜は猿に食われる歩留まりを50%と考え倍の本数を植えた。苗代も馬鹿らしいのでに全て種を播いて育てた。しかし、8月以降はお猿君は我が在所には猿は一向にお見えにならん?

結果、ナスビも、猿の食べないオクラなど取れすぎて困っているが、今夜もおかずはナスビだった。

ド素人の野菜作りであるが、ちょっと不思議なことがある。 三-四年、土の堆肥や肥料は煎茶や碾茶加工からでる不要の葉っぱ残りかすを沢山貰ってコンポストで熟成して土に埋めている。春夏秋の茶葉残留材であり、親戚から無料で貰っているので出費もゼロ!

多分、四年ほど土に埋めたり、混ぜたりしているが、気が付けば三つの不可思議がある。

その① 連作しても苗が枯れない
その② 野菜の育ちが良く美味しい(手前味噌だが)
その③ モグラ君がいなくなった(この1年半、全く来な     くなった)

その④ 家ではゴキブリが出てくると家内は茶袋(ほうじ茶)を部屋の隅に置いている。なんとなく出現しないように思う。
その⑤ 茶のシーズンが始まると茶工場の清掃時にでる“茶ほこり”を買いに来る人がいると聞いたが、用途は蚊取り線香か何かに使うらしい。 “工場のほこり”が誰かが買うと言う!

正に「茶の力」だろうが、なんでかな、、、? は分からないが、上記は経験上のこと。

これは、ミルクタンク方式で和束中の茶工場の茶葉廃棄材を集め加工すると面白いかも? 誰か、この茶の効能(誤認か本当か)を知っている人は教えて下さい、、、、、、